初心者向けの外国為替証拠金取引の情報では「損が生まれた時にはナンピン買いで、全体の買い付けコストを下げることができる」と記述されている事もありますが正直に言うとそこにはかなりの罠がある。

まずは、ナンピンの原理に関して易しく説明しておこう。

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。

$(ドル)買いなので、円安に向うほど利益が出るわけだが、不幸にして95円まで円高ドル安が進んだとします。

そのままの状態でポジションを所有し続けたら損失が戻るためには5円分円安に向わなければなりません。

投資家であれば、マイナスは早く取り戻したい思うでしょう。

この状況を打破するため最初にエントリーしたのと同じ分の$を、1ドル95円で買います。

それで、ポジション全体のコストは1ドル=97.50銭まで下げることができます言い換えると、半分の幅で円安ドル高が進行すればマイナスを回復する事ができます。

それが、ナンピン買いの仕組みです。

ナンピンのロジックを知ると「納得だ」という気分になるが、外国為替市場はそう易々と問屋を卸しません。

最初から、95円より下がらないとは、わからないのである。

仮に、外国為替市場が相当の円高傾向だったら、1ドル=95円ではとどまらずよりドル安が進む確率はあります。

仮定として、1ドル97.50円でナンピンをした場合に、95円までドル安が速んだらナンピン買いをしたポジションも、赤字が生じてしまいます。

こういう状態では一番初めに保有したポジションと合わさって、2倍のマイナスが生じます。

それほど、ナンピン買いは難解です。

ならば、外国為替市場が己の筋書きとは反対にどんどん向ってしまった場合、どういう対応で危機の確率を避ければいいのでしょうか。

こういう状態で取るべき選択肢は多くはありません。

まずひとつは観念して、損を確定する事です。

もうひとりは、現在、自分が保有している買いポジションを少なくする事によって改めて外国為替市場が回復するのを大人しく待つことだけです。

かなり後ろ向きな術だと思う投資家もいるだろう。

けれども、持っているポジションに為替差損が生まれた場合、一番妥当なやり方はこれ以上のものはあるはずがありません。

なるほど、ロジックのうえでは、ナンピン買いする手段もあるように思える。

だがナンピンは、自分がマイナスになっている場面で、買いポジションを縮小するどころかポジションを積み重ねていく対策です。

それでは、リスクを管理することなど、到底無謀だと思ったほうがいいです。

ナンピンをしていけばやがては利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、そうなる前に資金がマイナスになってしまいます。