自動車を所有しているあなたであればご存知だとは思いますが、自動車税という税金を支払う義務があります。

そして自動車税は、手放す車売却時に一般的に戻ってくるお金なのです。

これは実際実行すると簡単に分かりますが、これから最初から順を追って簡易的に案内したいと思います当たり前ですが説明をさせて頂けば日本販売されているクルマだけでなく外車などでも自動車税が返還される対象になってきます。

所有車についても当てはまります。

クルマを所有している人が支払う税で税額はクルマの排気量の大小によって決定されます。

1リッターより小さいのであれば29500円で1リッターより上で1.5リッター以下までだと34500円になります。

その後は500cc刻みで5000円増えていきます。

またこの税は4月1日の時点の所有者が今年度の自動車税を納付する義務となっています。

先払いになるので、当然ですが愛車を売ってしまって、所有者でなくなったケースでは先に払った分の自動車税は還付されるということです。

この自動車税の場合は先払いで以後一年分の税額を納付するので、一年以内にクルマを手放した際は、新しい保有者がこの税を納めなければいけないということです。

買い取った相手が買取専門店の場合は売却した際にあなたが支払いすぎたお金を返してくれます。

つまり、所有権が移転された時以後の税額は新たな所有権を持った人が納税義務を負います。

もしも自分が10月の間に愛車を売った場合は、11月以降来年3月中までの税金は戻ってくるのです。

というのは前も述べた通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているという決まりによるものです。

ということは、あなたは売却先に払いすぎた税金を返してもらうということです。

業者を介さずに自動車を買い取ってもらうときに意外とこうした知識に気づかない人がいますので、しっかり忘れないようにしましょう。

自動車税が自動車を売った際に返金されることをほとんど知られていないからと言ってその事実を悪用している業者もいます。

こちらから税金についての話をしなければ、全く税金のことに関して言わないということも頻繁に聞かれます。

なので車の売却をする時には、払いすぎた税金が返還されるかどうかを確認することを忘れないようにしてください。