間接的クレジットの方法は容易です。

クレジットカードを経由してそのまま払えない物品をダイレクトに購入するという手法ではなく遠まわしに使って買い付けする方がより良いです。

表現が簡明という理由で最初にある商品券の実例を用いて話してみようと思います。

例にあげようとしている女性が一流のバックを持ちたいと迷っているようです。

欲しがっている一流のコートを取り扱っているお店では購入したくてもクレジットで払う事が認められません。

でもVISA、American Express、Diners clubなどの券を利用すれば購入を受け入れてくれるようです。

したがって例にあげようとしている個人はクレジットカードを使用して券を購入してギフト券を売っている店に向かいカードを使用してMasterCard、Diners clubなどのギフトカードを買い付けしたとします。

続いてそのクレジットカードを駆使して買い付けたVISA、American Express、Diners clubなどののギフト券を店舗に携帯しておもむき、買いたかったブランド財布を購入したとします。

「なぜ金券で購入した人物はそういった煩わしい方法をするべきなの?」と思われるかもしれませんが、その実上記で述べた方法を使用することで実際では得られる事はなかったカードポイントが手に入れられます。

通常、現金を使う事でブランドバックを注文したりしてもローンポイントはもらえませんし、American Express、Diners clubなどのギフトカードを即金で発注後に使ってもカードポイントはゲットできません。

しかしながら上記で述べたケースではJCB、MasterCard、NICOSなどののギフト券をクレジットカードで購入したため高価な服を買い付けしたケースと同じ数だけクレジットポイントがもらえるという事なのです。

これが直接的でなくクレジットカードを利用したことという根拠により間接カードと呼ばれている方法です。